おすすめの1冊 LIXILブックギャラリー

LIXILブックギャラリーは「暮らしを豊かにする本」を一点一点スタッフがセレクトしています。
そのLIXILブックギャラリーから「カーライフスタイル」に毎月おすすめの一冊をご紹介。癒しのひと時に、車で、またはお家で本を開いてみませんか?

  • 2012年12月

    • おしゃれな住まい方
    • おしゃれな住まい方

    定価1,890円

    2年間続いてまいりました「おすすめの一冊」コーナーも、これで最後となってしまいました。
    暮らしを豊かにする本をテーマに毎月紹介してまいりましたが、楽しんでいただけましたでしょうか。
    最後に紹介するのは、日本の近代建築を築いた建築家アントニオ・レーモンドと妻ノエミの、日本で過ごした日々に触れた一冊です。
    彼らは、なれない西洋の暮らしを押し付けるのではなく、日本の文化や風土を生かした本当におしゃれな住まい方を、当時の日本に見せてくれました。今ではあたりまえの和室もありの洋風生活も、彼らのように日本を大切に思ってくれる人々がいなければ、ありえない暮らしだったかもしれません。 今はクルマも馬車からガソリンや電気に代わり、誰もが携帯電話やスマートフォンを持つ時代です。利便性に長けた無味乾燥な暮らしではなく、ちょっと手間もかかっても自然や文化を取り入れて暮らしていくことが、これからのおしゃれな住まい方なのかもしれませんね。

    私の拙い紹介では、本来の面白さがなかなか伝わらなかったかも知れません。ただ、一冊でもみなさまに心にとまった本があれば、幸いと思っております。 この次はぜひ京橋の書店へお立ち寄りください。

  • 2012年01月

    • 続・日々の100
    • 続・日々の100
    • 定価1,995円

    「暮しの手帖」編集長であり、文筆家の松浦弥太郎氏のやさしいエッセー集の続編です。
    写真とともに紹介されている彼の日々を彩る品々は、たくさんの思い出や物語がこめられていて、読み終わったあとには心地のよい清涼感につつまれます。
    クルマやお洋服、よい香りのするオイルなど、私たちの暮らしを愉しくするヒントが満載です。

  • 2012年02月

    • 庭園さんぽ 日本の庭
    • 庭園さんぽ 日本の庭
    • 定価1,680円

    花のかおりが漂いはじめた春、海や山ではなく庭園へでかけてみませんか。花や木々だけでなく、優美な建物や石などで作られた空間は、現代とは思えない贅沢な気分に浸ることができます。
    この一冊には庭園の紹介だけでなく、解説や地図も掲載されていて、様々な角度で庭園鑑賞を楽しむことができます。同時刊に西洋の庭もあります。

  • 2012年03月

    • 鉄川与助の教会建築-五島列島を訪ねて-
    • 鉄川与助の教会建築-五島列島を訪ねて-
    • 定価1,890円

    長崎に浮かぶ島々、五島列島に佇む教会群とそれらを手がけた棟梁・鉄川与助を紹介した一冊です。おとぎの国のような赤いレンガの壁や、楚々とした白い花の描かれたガラス窓など、棟梁・鉄川与助の努力と信者たちによるキリスト教への敬意から生まれた教会たちは、時間が止まったように当時と変わらぬ感動を与えてくれます。

  • 2012年4・5月

    • ぼくらの昆虫採集
    • ぼくらの昆虫採集
    • 定価2,940円

    灰色の季節も終わり、気がつけば小さな生きものたちが顔をだす春にぴったりの一冊です。解剖学者の養老孟司・仏文学者の奥本大三郎・生物学者の池田清彦の3人による監修の楽しく読める昆虫採集の実用書です。虫嫌いの人も、この一冊を読めば昆虫博士気分になって、好きになってしまうかもしれません。里山ドライブのお供におすすめ。

  • 2012年06月

    • 幸せに向かうデザイン
    • 幸せに向かうデザイン
    • 定価2,310円

    デザインという言葉がもつこれまでの概念を変え、人と企業・人と地域など、様々な思いや関係が織り合わさることで、より快適な社会をつくりだすことがテーマの対談集です。いろいろなつながりを思いながら、これからのクルマと人との関係もどんな風に変化し進化して行くのだろうと、空想してのドライブはいかがでしょうか。

  • 2012年7月

    • はるか南の海のかなたに愉快な本の大陸がある
    • はるか南の海のかなたに愉快な本の大陸がある
    • 定価1,680円

    少し風変わりな旅行記を著書にもつ宮田珠己さんが、史学や地誌学など学術本の名著の数々を独自の目線で紹介してくれる前代未聞のブックガイドです。デタラメのようで本当の話や、ふざけているようで大真面目な仮説など、思わず笑いたくなるような学術本の世界は、まるでアリスの不思議の国のようです。愉しくて、暑さを忘れる一冊です。

  • 2012年08月

    • みんなの家。
    • みんなの家。
    • 定価1,890円

    若き建築家・光嶋裕介による、内田樹氏の自宅『凱風館』竣工までの悪戦苦闘振りを綴ったドキュメントです。研究者であり合気道の師範でもある施主の希望は"合気道の道場と能舞台のある武家屋敷みたいな家?!"。
    想像を超えた難題に挑む建築家の姿は、ほほえましく感動的です。家づくりの本でもあり、物語でもある楽しい一冊です。

  • 2012年09月

    • 「いいビルの写真集 WEST」BMC
    • 「いいビルの写真集 WEST」BMC
    • 定価2,100円

    1950年から1970年に建てられた、レトロなビルを紹介した本です。 高度成長期の技術を駆使して建てられたビルにみる、モダンなデザインやキッチュな色使いには驚きを感じずにはいられません。
    この本の中には紹介されてはいなくても、近くの街にも【いいビル】はきっとあります。【いいビル探索】へドライブなんていかがでしょうか。

  • 2012年10月

    • ききがたり・ときをためる暮らし
    • ききがたり・ときをためる暮らし
    • 定価1,890円

    自由時間評論家のつばたしゅういちさんとキッチンガーデナーとして活躍の妻つばた英子さんの夢のようなライフスタイルを、ききがたり形式紹介する一冊です。 ふたり合わせて171歳のお二人の暮らしは、やさしい時間に包まれていて、まるでおとぎの国のお話のようです。ページをめくるたび、歳を重ねていくのも素敵なことに思えてきます。

  • 2012年11月

    • ゼロからトースターを作ってみた
    • ゼロからトースターを作ってみた
    • 定価1,470円

    トースターってなにから出来ている?このように聞かれれば、私は安直に「鉄」と答えてしまう。そんな安直さと間逆な世界が、この本では繰り広げられています。イギリス人デザイナーの著者は、タイトルどおりゼロからトースターを作っていきます。出来上がりは思わず笑ってしまいますが、そこにはモノづくりの真髄を見る事ができます。

LIXILブックギャラリー
本に関するお問い合わせはLIXILブックギャラリーまでお願いします。
LIXIL ブックギャラリー
電話 03-5250-6543
HP: http://inax.lixil.co.jp/bookgallery/
営業時間 10:00~18:00
定休日 日・祝日、夏季休業、年末年始

selected by ブックギャラリースタッフ 馬酔木さん

このページのトップへ