東京モーターショー2015潜入レポート 第44回東京モーターショー2015「The 44th Tokyo Motor Show 2015」会期:2015年10月30日(金)~11月8日(日)、会場:東京ビッグサイト

きっと、あなたのココロが走りだす

1954年に「第1回全日本自動車ショウ」として開催されてから、今年で44回目となる「東京モーターショー2015」。今回は“きっと、あなたのココロが走り出す。Your heart will race.”をテーマに、10月30日から11月8日まで10日間にわたって東京ビックサイトで行われました。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催も5年後に迫る中、「TECHNOLOGY×FANTASY」をコンセプトにした会場には国内外の主要メーカーが集結、最新テクノロジーを駆使した新型車・次世代車などが多数展示されたほか、3回目を迎えた主催者テーマ事業“SMART MOBILITY CITY 2015では、自動運転等を試乗体験やカンファレンスなどを通じ、これからのクルマの新しい価値の可能性が提示されました。その中でも大きな役割の一端を担った日産自動車のブース紹介を中心にレポートいたします。

技術の日産が、人生を面白くする

日産は、これまでも世の中を変えてきた技術を凝縮した4台のコンセプトカーを出展。ドライバーの思い描いた通りの走りをアシストする「NISSAN IDS」をはじめとして、世界初公開となる軽自動車EV「TEATRO for DAYZ(テアトロ for デイズ)」、日本初公開となるシリーズ・ハイブリッドEVシステム搭載の「NISSAN GRIPZ」、Fire Knightのボディカラーが鮮やかな「NISSAN CONCEPT 2020 VISION GRAN TURISMO」が注目を集めました。

さらに、搭載バッテリーの容量と一充電走行距離を大幅に向上させた「日産リーフ」をはじめ計20モデルが展示され、世代や国境は問わず、連日多くの方が詰めかけていました。

  • TOKYO MOTOR SHOW 2015 NISSANコンセプトカー
  • PHOTO GALLERY

TOKYO MOTOR SHOW 2015 NISSANコンセプトカー

NISSAN IDS CONCEPT

NISSAN IDS CONCEPT

NISSAN IDS CONCEPT

日産の考える自動運転コンセプト「Nissa Intelligent Driving」を具現化。マニュアルドライブモードでは“意のままにクルマを操る楽しみ”を、パイロットドライブモードでは、“ゆとりの時間がもたらす歓び”を提供。それぞれのモードに応じて空間全体が変形するだけでなく、あらゆる状況を予測し、ドライバーと積極的にコミュニケーションを図るAI(人工知能)が自動運転をサポート。

TEATRO for DAYS

TEATRO for DAYS

TEATRO for DAYS

仲間とのつながりやシェアを日常的な次世代カスタマー Share Natives(2020年以降に運転免許を取得する世代)向けの軽自動車EVとして発表された「テアトロ for デイズ」。インテリアは白いシートと、わずかな操作機器のみとし、さまざまなビジュアルを真っ白なスクリーンに映し出す斬新なデザイン。クルマをデジタルガジェットとして活用することで、クルマの新しい楽しみ方、可能性を提案する次世代車。

GRIPZ CONCEPT

GRIPZ CONCEPT

GRIPZ CONCEPT

ヨーロッパと日本のデザイナーが共同でデザインし、オフローダーの走破性とスポーツカーのパフォーマンスを兼ね備えたコンセプトカー。パワートレインには、電気自動車技術をベースとしたシリーズ・ハイブリッドEVシステム「Pure Drive e-Power」を搭載、高い静粛性とすぐれた燃費、素早いリニア加速を可能とした、コンパクトクロスオーバーの未来型です。

GRAN TURISMO

GRAN TURISMO

GRAN TURISMO

「グランツーリスモ※」の誕生15周年を記念したプロジェクトにより生まれたバーチャルスポーツカー。14年6月、英国「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2014」にて初公開され、装いを新たに「Fire Knight」のボディカラーをまとって登場。日産のデザイン・シグネチャーの一つであるVモーショングリルがより目立つデザインに。

※「グランツーリスモ」は「プレイステーションR」の専用ソフトウェアです。
「グランツーリスモ」および「プレイステーションR」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。

このページのトップ

PHOTO GALLERY

取材後記

日産も参加したSMART MOBILITY CITYでは、電動化と知能化を兼ね備えた「これからのクルマ社会」をシアター形式で紹介するなど、展示ブースと合わせ、クルマ社会、人生を、もっと面白くする日産のコンセプトが凝縮されていたような印象を受けました。きっと未来は遠い遠いものではなく、やがて訪れる、今日から見た明日。クルマ同様、ココロが走りだした先には、いくつもの夢が現実となっていることでしょう。

このページのトップへ